食べない健康法

食べないことはいいことだ。

近年、テレビ雑誌などはもちろん、グルメサイト、口コミサイトなど様々な美味しいものが紹介されています。話題のモノが食べたいっと長い行列のできるお店もたくさんありますね。 でもそれを本当に美味しく食べていますか。何か物足りなさを感じている人は、食べない=断食をして体をリセットさせましょう。 断食をすると「すっきりした」「調子がよくなった」とよく聞きますね。それは断食をしたことで、体の中がリセットして、本当に必要なものだけになるからなのです。 「食べる」という行為もひとつの運動です。日々食べ続けているわたしたちのお腹の中は、常に運動しているわけです。「運動をしたら休む」これは誰もがやっていることです。そのお腹を休ませることが断食なのです。 そのため断食を行うときは「休む」ということが必要です。いつもの生活(会社や学校)をしたままで行うと、ただ「お腹が空いた」状態で終わってしまいます。

自分の体を休ませよう。

断食を行うときは「休む」ということが必要です。 いつもの生活(会社や学校)をしたままで行うと、ただ「お腹が空いた」状態で終わってしまいます。皆さんも経験があると思いますが、イライラしたり、やる気がなくなったりとネガティブな気持ちになりますよね。 アクティブな断食のために、やると決めたら「休む」ことも決めてください。 理想の断食期間は一週間程度です。このくらい長い期間行うときは、必ず専門の施設などで行ってください。 そんなに長く休めないという方が多いと思います。そこで一日二日でできる「プチ断食」です。やり方は様々で「おかゆを作る」「酵素ドリンクで過ごす」など雑誌やインターネットなどで色々紹介されています。 断食は体を休ませることが目的です。決して無理をせず、自分の体を優しく休ませてあげましょう。